ニュートリプロバイオの正しい効果的な飲み方と工夫

ニュートリプロバイオは、スティック状に包装されており、中は粉末になっております。

この粉末を口の中に含み、水で流し込むように飲むのが一般的な飲み方です。

私もこの方法でいつもプロバイオを飲んでおりますが、粉末もやや甘さがあり、ヨーグルトのような風味もあるので、粉末のままでも飲みやすいです。

ですが、飲みにくさを感じる場合は、他の飲み物に混ぜて飲むことも可能です。

プロバイオの正しい飲み方

プロバイオの正しい基本的な飲み方は

  1. 粉末を口に含む
  2. 水で流し込むように一緒に飲む

これが一般的かつ王道な飲み方かなぁと思います。私もこの方法でいつも飲んでいます。

飲むタイミングは基本的にいつでも好きなタイミングでOKとされていますが、より効果を発揮するために最適なタイミングがあります。

それは、

夕食後30分以内に飲むこと

です。

プロバイオは胃酸でも死滅しない種類の乳酸菌が含有されていますが、空腹状態の胃酸が多く分泌される状態に飲むと、多少の影響を与えてしまいます。

なるべく効率よく生きたまま腸に届かせるには、胃酸の影響をなるべく受けないようにしなければいけません。

なので、胃酸が薄まっている食後30分以内のタイミングに飲むのがベストです。

さらに、腸の働きが活発になるのが夜20時以降のタイミングなので、そのタイミングに合わせて夕食後に飲むのがより理想的です。

プロバイオのいろいろな飲み方

プロバイオは水と一緒に飲むのが基本ですが、水に溶かして飲んでもOKですし、別の飲み物に混ぜて一緒に飲むのもOKです。

  1. 水に溶かして飲む
  2. ソフトドリンクに溶かして飲む
  3. スポーツドリンクに溶かして飲む
  4. プロテインに一緒に混ぜて飲む
  5. ヨーグルトに混ぜて一緒に食べる

などなど。好きな飲み方でお試しください。

ただし、注意点もあります。

熱いものと一緒に摂らないこと

プロバイオの菌は熱に弱いため、熱い飲み物に混ぜて飲んだり、飲んだ後に熱い飲み物を飲んだりすることは避けてください。

人肌程度のぬるま湯程度の熱さなら問題ないかと思いますが、熱々のコーヒーやお茶を飲んだりするのは避けてください。

せっかく質の高い善玉菌を摂取してるのですから、飲み方が悪くて菌を死滅させてしまうのは非常にもったいないですからね。

開封したらなるべく早く飲むこと

プロバイオは酸素にも弱いため、開封したらなるべく早く飲むようにしてください。

飲み物に混ぜた後も、すでに酸素に触れてしまっているため、混ぜたまま長時間放置せず、混ぜたらその場ですぐ飲むようにしてください。

じゃないと、せっかくの善玉菌の動きが悪くなったり、死滅してしまう可能性があります。そうなっちゃうともったいないですからね。

お酒と一緒に飲んでも大丈夫?

お酒と一緒にプロバイオを飲むことで悪影響が出ると言うエビデンスはありません。

しかし、アルコールそのものが腸内環境を乱し、健康状態から遠ざけてしまうため、積極的にオススメできるものではありません。

できればお酒と一緒にプロバイオを飲むことは控えてほしいです。

善玉菌のエサになる食物繊維と一緒に摂ろう

プロバイオと一緒に飲むと効果的なのが、ニュートリファイバーです。

ニュートリファイバーは食物繊維が豊富に含有されており、プロバイオと一緒に飲むことで善玉菌の動きをより活発にさせることができ、腸内環境の働きをより良くしてくれます。

もしニュートリファイバーと一緒に飲むのなら、

・ファイバーは夕食前に

・プロバイオは夕食後30分以内に

と、一緒に混ぜて飲むのではなく、食前食後に分けて飲むことをお勧めします。

先に食物繊維を腸に入れておき、後で善玉菌を入れるようなイメージです。

けど、これを絶対に守らないといけないわけじゃないので、もし夕食前にファイバーを飲むのを忘れたりした場合は、プロバイオとファイバーを一緒に混ぜて飲んだりしても問題はありません。

私も飲むのを忘れたり、外に出てて飲むタイミングが無かった場合は、プロテインと一緒にファイバーとプロバイオを混ぜて一緒に飲んだ理しています。

「食前にファイバー飲むの忘れたー!」

「夕食後30分以内にプロバイオ飲むの忘れたー!」

と言って飲まないよりも、ちょっと遅れてでも飲んだ方が良いです。

できる限り理想のタイミングに飲めるように努力しつつ、もし理想通りにならなくても、なるべく毎日飲み続けられるように意識しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です