ニュートリプロテインは市販のプロテインとどう違うのか?買う価値ある?

アムウェイのプロテインは1ヶ月分で4420円となっています。(会員価格)

市販のプロテインと価格を比較すると、そこまで大差もなく、一般的な価格かなと思います。(市販のプロテインの価格もピンキリではありますが、平均すると月3000~4000円ぐらいになるかなと思います)

市販のプロテインを飲むのを辞めて、アムウェイのプロテインに切り替えたと言う人も割と多いようです。

アムウェイのプロテインは、市販のプロテインとどう違うのか?調べてみました。

動物性タンパク質か、植物性タンパク質か

アムウェイのプロテインと市販のプロテインでは、ここが大きな違いになります。

市販のプロテインは動物性タンパク質が中心になってるものが多く、

アムウェイのプロテインは植物性タンパク質が中心になっています。

じゃあ、動物性と植物性だとどんな違いがあるのか?

一覧表にまとめてみました。

動物性タンパク質 植物性タンパク質
タンパク質の種類 牛乳の成分を抽出した「ホエイ」「カゼイン」や卵白と言った、動物由来の成分で作られている、 大豆、小麦、エンドウ豆など、植物由来の成分で作られている。
必須アミノ酸 多く含まれている バランスが悪い
飽和脂肪酸 多く含まれている可能性がある ほとんど含まれていない
脂肪 多く含まれている ほとんど含まれていない
吸収スピード 速い ゆっくり
使い道 筋肉を増やしたい、トレーニングをしたい方に最適。 健康維持やシェイプアップをしたい人に最適。
メリット トレーニング後に摂取することで体の疲れや傷ついた筋肉を早く修復できる。 脂質をほとんど含んでいないので、低脂肪かつ低カロリーで体に優しい。
問題点 飽和脂肪酸や資質を多く摂取し続けることで、生活習慣病などのリスクが懸念される。 コストがかかり、価格が高くなりがち。植物の育つ環境によって品質が劣る可能性もある。

いかがでしょうか?なんとなく動物性と植物性の違いについてイメージできましたか?

動物性タンパク質
・市販ではホエイプロテインが多い
・筋肉を増やしたい、維持したい人向け

植物性タンパク質
・品質にこだわるとコストが非常に高くつくため、なかなか市販されてない
・唯一、ソイプロテインは市販されてることが多い
・体の健康維持、髪や肌や爪の状態をきれいに保ちたい人向け
・脂肪を減らしてきれいにダイエットしたい女性向け

こう言う違いがあります。

なぜアムウェイのプロテインは植物性タンパク質なのか?

市販では動物性タンパク質が多く並んでるのに、なぜアムウェイのプロテインは植物性タンパク質を採用しているのか?

それは、このプロテインのコンセプトが、

健康寿命を伸ばすこと

となっているからです。(このプロテインだけじゃなく、ニュートリライト製品においては、全てこのコンセプトが共通となっています)

アムウェイのプロテインでは、

  • 大豆
  • 小麦
  • エンドウ豆

この3種類がブレンドされている、100%植物由来のプロテインとなっています。

小麦って炭水化物のイメージありますが、タンパク質も含まれているんですね!意外と知らない人多いと思います。私も知りませんでした。

そして、植物性タンパク質の唯一のデメリットとも言える、アミノ酸のバランスが悪い点も、このアムウェイのプロテインでは解決されています。

「アミノ酸スコア100」となっており、アミノ酸のバランスも最高値となっております。

動物性タンパク質は吸収が早く、植物性タンパク質は吸収が遅いのが特徴なので、このアムウェイのプロテインを飲むと、満腹感が持続されやすく、ダイエットにも効果的とされています。

満腹感が持続するので、空腹感に襲われることなく、無理なくカロリー摂取量を減らすことができ、ストレスなくダイエットができる、と言うことです。

植物の種から土から水から収穫タイミングから徹底管理

植物性タンパク質の大きな課題点となるのが、どのような環境で植物が育ってきたか、です。

植物由来100%のタンパク質と言われても、その植物の育ってきた環境が劣悪だったり、農薬を大量に使われていたりすれば、植物から抽出したタンパク質の品質も落ちてしまいます。

しかし、アムウェイのプロテインでは、専用の農場を運営しており、種から土から水から全て自社で徹底管理しており、最高品質の植物を栽培することにこだわりを持って作られています。

どのようにして植物が栽培されているのか、こちらの特設サイトにて確認することができます。

参考:http://www.nutrilite.jp/

そうやって最高品質の植物を栽培し、そこからタンパク質を抽出してプロテインの製品を製造されております。

体に優しいプロテイン

動物性タンパク質は、タンパク質を素早く吸収できるため、トレーニング後すぐに摂取することで、効率よく栄養を筋肉に届けることができます。その点では動物性タンパク質も優れた特徴を持っているのですが、これを過剰摂取し続けていくと、生活習慣病などのリスクを高める可能性があるのです。

動物性タンパク質には、飽和脂肪酸や脂肪も多く含まれていたり、市販の商品によっては添加物なども多く含まれていることもあります。体のためにタンパク質を摂取することはとても良いことなのですが、体に不必要なものまで摂取してしまう弊害もあります。それが積み重なっていくと、健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

しかし、アムウェイのプロテインは植物性タンパク質100%なので、

  • コレステロール0
  • 脂質も約8%以下と非常に少ない
  • 合成着色料、香料、甘味料、保存料は不使用

このように、体に不必要で余分なものは含まれておらず、体に優しいものになっています。

アムウェイのプロテインは、植物性タンパク質100%、アミノ酸スコア100、なのにこの価格

筋肉を増やしたい、日々トレーニングを続けている、体を大きくしたい、と言うように、何か特別な目的を持っている方は、動物性タンパク質の方がパフォーマンスを発揮しやすいかもしれません。

このアムウェイのプロテインは、健康維持をしたいと言う方向けに作られた商品なので、毎日そこまで運動をしていない人にもぜひ飲んでいただきたい商品です。

そもそもタンパク質とは体に欠かせない絶対に必要な栄養素です。

  • 筋肉や皮膚、肌、内臓、髪、爪、歯、骨などの主成分がタンパク質
  • 体の15~20%はタンパク質でできている(70%は水)
  • 感情や情緒にもタンパク質が影響されると言われている
  • 日々、新陳代謝が繰り返されるので、常に新しいタンパク質の摂取は必須

などなど。体の健康維持にはタンパク質は絶対に必要な栄養成分なのです。

もしタンパク質不足が続いてしまうと、

  • 疲れやすい
  • 髪の毛のダメージ
  • 肌荒れ
  • 貧血
  • 免疫力の低下
  • 爪が弱くなる
  • 月経不順
  • 代謝の低下

などなど、様々な悪影響が出てしまいます。

健康維持を目的とするなら、動物性タンパク質は余分なものも含んでいるため、植物性タンパク質が採用されている、と言うことになります。

これなら余分なものも少ないですし、毎日ずーっと取り続けても悪影響が出る可能性も低く、効率よく良質なタンパク質を補うことができます。

まとめ

最後にまとめますと、

  • アムウェイのプロテインは健康維持を目的に作られている
  • 市販のプロテインは動物性タンパク質がメインとなり、筋肉を増やしたり鍛えたりする人向けに作られている
  • 動物性タンパク質は体に必要ない余分なものも含まれているので、健康のために毎日取り続けていくのはちょっと心配
  • 植物性タンパク質なら、余分なものが少ないので、毎日取り続けても安心

市販でも植物性タンパク質がメインのプロテインも販売されていますが、アミノ酸スコアやタンパク質の含有率、添加物など余分がものが含まれていないかどうか、などを比較すると、アムウェイのプロテインの方が品質としては上になるかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です