トリプルXの栄養成分一覧まとめ。なぜナトリウムが含まれてないのか?

アムウェイのサプリメント「トリプルX」に含まれる栄養成分ってどんな感じになってるのか?

ビタミンやミネラルといった栄養成分の含有量についても一覧でまとめております。

まずはじめに、トリプルXの専用ケースに掲載されている情報がこちらです。

こちらに書かれている栄養成分表示は、1日2回分の粒に含まれているものとなります。

  • 植物濃縮物加工食品:4粒
  • アセロラ濃縮物加工食品:4粒
  • カキ殻粉加工食品:4粒

合計5.84gに含まれている栄養成分の表示となります。

以下の表の右側のパーセンテージの表示は、「栄養素等表示基準値2015(18歳以上、基準熱量2200kcal)」に占める割合を指しています。

つまり、一般成人男性が1日に必要な栄養素と比べてどれぐらい含まれているかがわかる、というわけです。

エネルギー 14kcal
タンパク質 0.48g
脂質 0.14g
炭水化物 2.9g
食塩相当量 0.056g
ビタミンB1 2.8mg 233%
ビタミンB2 3.2mg 229%
ビタミンB6 3.0mg 231%
ビタミンB12 4.8μg 200%
ナイアシン 30mg 231%
ビオチン 100μg 200%
葉酸 480μg 200%
パントテン酸 10mg 208%
ビタミンC 200mg 200%
ビタミンD 11μg 200%
ビタミンE 14mg 222%
ビタミンK 0 – 32μg
カルシウム 600mg 88%
7.5mg 110%
マグネシウム 100mg 31%
0.9mg 100%
ヨウ素 130μg 100%
セレン 30μg 107%
亜鉛 12mg 136%
クロム 10μg 100%
モリブデン 25μg 100%
マンガン 4mg 105%
リン 0 – 10mg
カリウム 0 – 64mg
ベータカロテン 3.1mg
– ビタミンA相当 1540μgRE 200%

ほとんどの栄養成分が100%を超えており、ビタミンについては200%を超える含有量となっています。

トリプルXのサプリメントに”ナトリウム”が含まれていない理由

トリプルXのサプリメントには、ほとんど全種類に近いビタミンとミネラルが含まれていますが、唯一、ナトリウムは含まれていません。

ナトリウムとは主に食塩や醤油などにたくさん含まれており、一般的な食生活の中でナトリウムが不足するということはほとんどないとされています。

むしろ、塩分を取りすぎてしまうので控えないといけないものになります。塩分を取りすぎると体がむくんだり、口が乾きやすくなったり、高血圧に影響するなど、体に悪影響が出てしまいます。

なので、トリプルXのサプリメントでは、取りすぎると逆効果になる栄養成分は含めないように考えられているのです。

他にも、

トリプルXにビタミンKがほとんど含まれていない理由

トリプルXにはビタミンKという栄養素が含まれていますが、0~32μgと極々少量しか含まれておりません。

ビタミンKは、脂溶性ビタミンに分類される種類で、骨の健康維持に不可欠な栄養素となります。

ですが、ビタミンKは一般的な食生活のなかで必要な量を十分摂取することができているため、サプリメントとして飲む必要はありません。

小松菜やほうれん草などいろんな緑黄色野菜に多く含まれていたり、腸内細菌によっても作られたりするので、不足を気にして過剰摂取する必要はありません。

なので、トリプルXに含める必要はないと判断されて、あえて少ない含有量となっています。

ミネラル成分が100%以下に設定されている理由

ビタミンのほとんどが200%近く含まれているのにも関わらず、カルシウムや鉄分といったミネラル成分は100%前後に設定されているものが多いです。

なぜビタミンと比べてミネラルは少ない量になっているのか?

ビタミンと違ってミネラルは、取りすぎると逆に悪影響が出てしまう可能性が高くなるものが多いです。

体の中のミネラル成分のバランスがとても重要で、多すぎても少なすぎても問題になってきます。それぞれのミネラル成分がちょうどバランスよく保たれた状態が理想とされています。

例えば、カルシウムやリンといった成分など、骨を強くするために必要だからといって大量摂取しすぎると、バランスが崩れて逆に骨を弱くしてしまう可能性が出てきます。

他にも、ナトリウムを取りすぎると高血圧、心臓病や脳卒中にも繋がる可能性が出てきてしまいます。

特に含有量が少ないマグネシウム。これは31%と他の栄養成分と比べてもかなり低い数値となっています。

けどこれにはもちろん理由があります。

マグネシウムを飲みすぎると、下痢を引き起こす可能性が出てきてしまうんです。

けど逆にマグネシウムが不足すると、疲れやすく感じたり、足がつったり、血圧が上がったり、骨が弱くなったり、頭痛を起こしやすくなったりなど、悪影響が出てきます。

マグネシウムは食生活の中でも比較的取り入れやすいので、基本的にはサプリメントからではなく、食生活の中で取り入れるものと考えておくといいです。トリプルXもそのように考えられて必要最低限の含有量となっています。

ちなみにマグネシウムは、豆類、アーモンド、ナッツ、玄米、プレーンヨーグルト、全粒粉のパンといった食品に多く含まれています。主に穀物類にマグネシウムが豊富に含まれておりますので、トリプルXと合わせてこういった食品も積極的に取るようにしましょう。

「今日は疲れたからトリプルXの粒をいつもより多く飲もう」とすると、マグネシウムの取りすぎて下痢になる可能性が高くなるので、やめましょうね。

けど、食生活の中で不足しやすい「亜鉛」に関しては136%と多めに含まれております。

トリプルXは、日本人の食生活に合わせて効率よく補充できるよう調整されている

サプリメントだからといって、とりあえずビタミンやミネラルをたくさん取ればいいってわけではないんです。

だから、むやみやたらに「ビタミンとミネラルがたくさん含まれています!」というサプリメントを飲むのは注意が必要です。どういう意図でなぜそのような含有量に調整されているのか、根拠が明確でなければ安心して飲めません。

けどトリプルXは日本人の食生活を把握した上で、食事では取り入れにくいビタミンや亜鉛などが豊富に含まれるように調整されています。

だから、飲む量は定められた通りに飲むのが一番効果的なんです。

これだけ日本人の食生活を考えた上で栄養成分を調整しているサプリメントって、他ではなかなか見つかりません。そういう情報を公開していないところがほとんどですからね。(情報を公開していないというか、そこまで考えて作られてないから言わないだけなのかもしれない…)

もちろん市販されているサプリメントにも優秀でコスパの高いものがたくさんあると思います。

しかし、市販されてるサプリの40%は「体内で溶けず吸収されずに流れてしまう」という事実は忘れずに、間違ったサプリを選ばないように注意していただきたいです。

参考:そのサプリメント吸収されてません 商品テストで4割が時間内に溶けず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です